赤ら顔&ビニール肌対策はスキンケアをシンプルにすることから始めよう

私の肌は「赤ら顔&ビニール肌」という極めて不健康な状態です。

私の場合はアトピーをこじらせてステロイドを塗っていた副作用から皮膚が薄くなって「赤ら顔&ビニール肌」になったと睨んでいます。

赤ら顔&ビニール肌を少しでも改善する為には、どういう対策をするべきか?

両方とも皮膚が薄いという共通点があるのだから、皮膚を分厚くすることが改善への近道なのかな、と考えました。

皮膚を分厚くする為にはスキンケアをシンプルにすることが大事

赤ら顔もビニール肌もお手入れをやりすぎない事が重要とのことです。

具体的には・・・

  1. 洗顔時はたっぷりの泡で優しく洗う
  2. タオルで拭く時はこすらずポンポン拭く
  3. スキンケア用品は添加物が含まれていないものを使う
  4. クレンジングオイルは使わない
  5. 洗いすぎない

肌に極力刺激を与えず、余計なものを与えず、必要なもの(皮脂)を洗い流しすぎない、
というのがポイントですね。

必要以上に角質を取り除かないことが「赤ら顔&ビニール肌」対策で最も重要なことがわかりました。

※これがのちの肌断食に挑戦に繋がるわけです

赤ら顔にはCとKが有効

ビニール肌対策は、角質を取り除かず、むしろ角質を作ることを推奨しています。
※角質培養と言うらしい

赤ら顔対策は、ビタミンC誘導体とビタミンKが配合されているスキンケアを推奨しています。

  1. ビタミンC誘導体⇒炎症の抑制を助ける
  2. ビタミンK⇒血管を詰まらせている栓を取り除き血行を良くする役割がある

ビタミンC誘導体で赤味を抑え、ビタミンKで赤味を広げない、という感じですね。

そんなビタミンKに着目した赤ら顔にピッタリの化粧水がコレ。
皮膚科専門医開発赤ら顔ケア化粧水【SKIN&LAB ビタK レッドX トナー】

ビタミンC誘導体に着目したスキンケアセットはコレ。
ETVOS(エトヴォス)バランシングラインお試しセット

さらに、こんな記事を見つけました。

赤ら顔の原因は毛細血管が拡張するからです。
毛細血管が拡張する原因の一つは活性酸素。
この活性酸素を取り除くことが、赤ら顔対策につながります。
引用:女性の美学

活性酸素と言ったら水素水じゃないですかっ!!

ということは水素水のコットンパックは赤ら顔対策にも期待が持てるということかな?
これからも引き続きやっていこうと思います。
関連:水素水でコットンパックをしてみたら・・・
※私が運営する別blogに飛びます

スキンケアをどのように見直せばいい?

じゃあ具体的にどのようなスキンケア用品を選べばいいのか?

ここが知りたいところですが、スキンケア用品は人それぞれ合う合わないがあるから、一般的なことしか書かれていませんでした。

  1. 余計な添加物が入っていないスキンケア用品を選ぶ
  2. 化粧水は水分保持力をUPさせるセラミドが配合されているスキンケア用品を選ぶ
  3. ビタミンC誘導体が入っているスキンケア用品を選ぶ
  4. ビタミンKが入っているスキンケアを選ぶ

そして忘れてはいけないのが極力シンプルに余計なケアをしないこと。
肌を労わっているつもりが肌をいじめているかもしれないと思うと怖い怖い。

赤ら顔用スキンケア

赤ら顔対策のスキンケア用品って結構探せばあるもので、いくつかここで紹介したいと思います。

SKIN&LAB ビタK レッドX トナー
赤ら顔にはビタミンKが良いと言われておりまして、こちらの化粧水はそんなビタミンKに着目し、皮膚科医が開発した赤ら顔用化粧水です。

白漢しろ彩
赤ら顔の原因となる毛細血管の広がりに着目した化粧水です。

ティモティア保水バリアクリーム
ワンコイン500円でお試しできるセラミド化粧品です。セラミドパワーで肌を保湿することで赤ら顔対策にアプローチするクリームです。

O.I.Z.発酵美容液
赤み、大人ニキビ、アトピーに悩む方の為に作られた発酵美容液です。バリア機能を強化と高い保湿力により赤ら顔等にアプローチ!

気になるスキンケア用品があったらチェックしてみてください♪

Sponsord Link

関連記事

美顔器美容器具特集

2016.11.11

リファカラットは肌に悪い?肌断食実践者の使用方法

息子を産んだときの出産祝いに自分で買ったリファカラット。 忙しい育児中でも美意識高いママを目指すべく、コロコロ転がすだけでフェイスケア…

アーカイブ

ブログ村ランキング

ページ上部へ戻る