湯シャン実践者こそドライヤーにこだわろう

私が湯シャンを実践し始めてそろそろ3ヶ月が経とうとしています。

湯シャンを始める前は、
シャンプーを使わないなんてありえないわ・・・
と思っていたんですよ。

でもね、湯シャンを始めて3週間もしたら慣れました。
むしろ肌断食よりも簡単だしトラブルもないし2ヶ月を経過した頃には快適。
頭皮トラブルはシャンプーを使っていた頃よりも激減しました。
(私の場合は主に髪の毛の生え際の痒み)

そんな私の湯シャン生活を支えてくれたのが、
パナソニックのドライヤーナノケアです。

ドライヤーで髪質が全然違うものになる

今使っているナノケアはEH-NA97で、2代目です。
ナノケアのドライヤーは約10年間使っていますが、
初めて使ったときの感動は今でも忘れられません。

ドライヤーで髪の毛を乾かしただけで、
髪の毛がめっちゃツルツルサラサラしっとりするんですよ!!

ただ、使い慣れるとそれが当たり前で感動が薄れます。
そんな時はナノケア以外のドライヤーで髪の毛を乾かすべし。
ナノケアのありがたみが分かります。

以前、夏は扇風機で髪の毛を乾かしていたんですよ。
(とくに機能がついていない普通の扇風機)
そしたら髪の毛がバリバリになって手触りが最悪になりました。

今もスポーツクラブのドライヤーで髪の毛を乾かすと、
髪の毛がまとまりにくいしバリバリするので、
ナノケアはやっぱりすごいんだな、としみじみ思います。

湯シャンとドライヤーの関係

湯シャンを実践するにあたり、
私は宇津木式と牛田式(非接触生活)を参考にしています。
シャンプーをやめると、髪が増える(宇津木式)
「何もつけない」美肌術(牛田式)

この方たちはドライヤーに関してはどう考えているのか?というと、

  • 宇津木式⇒自然乾燥
  • 牛田式⇒すぐにドライヤーで乾かす
  • となっています。

    ただ、宇津木式も自然乾燥が無理なら、

    1. 温風と冷風を交互にあて、
    2. 髪の毛から15cm離し、
    3. ショートヘアは1分以内ロングヘアは5分以内を目安に切り上げよう

    としています。

    牛田式の本には細かい指示はなかったと思いますが、
    宇津木式の上記のポイントはドライヤー使用時の参考になります。

    で、パナソニックのドライヤーナノケアはこんなところが優れているのです。

    P1080227-min

    温風のみ、冷風のみの他、自動的に温風と冷風を交互にしてくれるモードがある
    これ、なかなか便利です。

    そして、宇津木式の本ではこんなことも書いています。

    ドライヤーのいちばんの問題は「熱」です。
    毛髪はケラチンとよばれるタンパク質でできていて、タンパク質は60度以上になると、変性してしまいます。
    引用:シャンプーをやめると、髪が増える P.94

    で、このドライヤーにはスカルプモードというのがあって、
    そのモードの時の温風温度が約60℃!!
    考えて作られたドライヤーなんだな、ということが分かります。

    こんな感じで、パナソニックのドライヤーナノケアは重宝しているのですが、
    気になるドライヤーを発見してしまいました。

    なんと、ドライヤーなのに顔のスキンケアが出来てしまうのです!!
    なんだそりゃ!?って思いますよね。
    そのドライヤーがコレ。

    ちなみに今知ったのですが、
    パナソニックのドライヤーナノケアもスキンモードがあって、

    セット/コールド(冷風)で、「ナノイー」&ダブルミネラルを含んだ風を1日約1分間顔にあてることで、肌のうるおいを保ちます。

    とありました・・・今度使ってみよう。

    Sponsord Link

    関連記事

    美顔器美容器具特集

    ララルーチュレジーナ

    2017.6.5

    杉本彩の美顔器『ララルーチュレジーナ』は多機能なのにコンパクト!

    タレントの杉本彩さんがプロデュースしている美顔器、『ララルーチュ レジーナ』って知っていますか? 私は以前、ネットで検索している時に『…

    アーカイブ

    ブログ村ランキング

    ページ上部へ戻る