宇津木式スキンケア(肌断食)の本はどれを買えばいいの?

肌断食といえば『宇津木式スキンケア』であり、
肌断食に挑戦するなら絶対に目を通しておきたい宇津木龍一先生の本。

ではあるけれど、
「よーし!宇津木龍一先生の本を買うぞ!」
と意気揚々と検索してみると、結構沢山の本を出版されているんですよね。

一体全体どの本を買えばいいのよ!?
と悩んだ挙句、結局3冊買う事になってしまいました。

しかし、肌断食に挑戦するために読むならば3冊も入りません。
この中の1冊を読めば十分だと個人的には思います。

私と同じように「どの宇津木本を買えばいいのよ?」と迷った方必見!
まず最初に買うべき宇津木龍一先生の本は・・・

コレ!!

化粧品を使わず美肌になる!』です。

なんでこの本がいいかというと、
肌断食の具体的なやり方がイラストたっぷりに紹介されているからです。

例えばこんな感じ。

p1080332-min

  • ワセリンの付け方
  • 洗顔のやり方
  • スキンケア用品を減らす方法
  • などなど、何故そうするのかのプチ情報とともに、
    肌断食の実践方法が書かれています。

    日焼け止めは何を使うと良いの?
    美顔器って使っていいの?
    という疑問もこの本1冊で解消されます。

    この本を読んで、もっと宇津木先生の本を読んでみたいな、
    と思った場合、2冊目を買うとしたら次にオススメなのがこの本です。

    この本は、肌断食実践者の疑問質問に答えるページがありまして、
    そのページ数はなんと40ページにも及びます。

    ただ、回答は既に本に書かれていることを違う観点から説明しているだけなので、
    参考になるかどうかはその時の実践者の状況によるかな!?と。

    この本はコスメやスキンケア用品が肌に与える影響をあらゆる角度から説明し、
    肌断食をすればどれだけ美肌になるのか、ということを語っています。
    理屈を知りたい!という方は読んでみると勉強になるかもしれません。

    私はこの本を1番最初に読んだのですが、
    「じゃあ、こういう場合はどうなんだろう?」と疑問に思いまして、
    次に買った本が『宇津木式スキンケア事典』でした。

    その後、本屋さんで『化粧品を使わず美肌になる!』を立ち読みをして、
    こっちの方が分かりやすいじゃん!と購入したのです。
    最初からこの本を買っておけば良かった・・・と今に至ります。

    『化粧品を使わず美肌になる!』は、牛田式本と似ています。

    こちらも宇津木式スキンケアの肌断食と理屈は同じなのですが、
    肌断食や湯シャンの手法というか、アプローチ方法というか、
    とにかくやり方が微妙に違うのです。

    私は牛田式の方が自分に合っているなと思うところもありまして、
    「肌断食を実践してみよう!」と思っている方は、
    化粧品を使わず美肌になる!
    「何もつけない」美肌術
    の2冊に目を通すと肌断食のやり方に幅が出てきて、
    自分に合った方法が見つかりやすいんじゃないのかな?と思います。

    Sponsord Link

    関連記事

    美顔器美容器具特集

    2016.11.11

    リファカラットは肌に悪い?肌断食実践者の使用方法

    息子を産んだときの出産祝いに自分で買ったリファカラット。 忙しい育児中でも美意識高いママを目指すべく、コロコロ転がすだけでフェイスケア…

    アーカイブ

    ブログ村ランキング

    ページ上部へ戻る